menu
カウンセリングと鍵

本人にとっては辛い病気

適応障害を疑ったらこちらのクリニックで診察を受けてみませんか?悩んでいるという方はぜひ通いましょう。

適応障害とは、ある特定の状況や環境、出来事によってひどくつらい気持ちにさせられ、それに寄って言動や感情にさまざまな影響が及ぶ病気のことです。精神疾患に対する研究も最近では進んできて、「適応障害」という言葉を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどんな病気なのか、どういった症状がでるのかなどについては、よく知らないという人が多いかと思われます。適応障害は、「さまざまなストレスによって引き起こされる、言動や感情の症状」だと考えられています。また、それによって日常生活・社会生活に影響が及んでいる状況だという定義付けもされています。

適応障害が起こる原因は、主に「ストレス」だといわれています。ストレスと一口にいっても、そのストレスにはさまざまな種類があります。家庭内暴力や性的暴行、人間関係の軋轢といった個人的なストレスが原因であったり、地震や津波といった自然災害など社会的なストレスが原因であったりするのです。

また、個々人のストレス耐性や、ストレスに対する価値観や考え方の違いなども、患者さんに大きな影響を及ぼします。ある人がストレスに感じることが、また別の人からすれば何でもないことであったりするのです。このことから、適応障害とは簡単にいうと生活の変化や出来事などが個人にとって重大なものであり、日常生活に支障をきたすような精神症状があらわれている状態です。

さらに、適応障害の発症は、原因となる出来事や変化が置きてから1ヶ月以内に発症するのが一般的だと考えられています。さらに、ストレスとなる出来事や変化が過ぎ去れば症状も収束に向かい、長引かないといわれていますが、日常的にストレスにさらされている場合は、適応障害も慢性化します。この適応障害はうつ病や統合失調症などの精神疾患も併発するおそれがあります。そのため、診断が複雑だという特徴もあります。しかし、もし適応障害を発症してしまっても医師の指示にきちんと従い、適切な治療を行えば克服することができます。まずは適応障害とはどんな病気なのか、どういった症状がでるのか、など基本的なことを知っておき、どう対処すればいいのか、どこに相談すればいいのかなどの点も簡単に把握しておきましょう。

ピックアップ

よく見られる症状

相談する人

適応障害には、精神症状や身体症状、社会的症状といった3つの症状が見られます。それぞれの症状にあうきちんとした対応が必要なので、まずは具体的な症状がどのようなものかを知っておきましょう。

記事を読む

こんな人がなりやすい

頭を抱える人

適応障害は、うつ病や自律神経失調症などの精神疾患と同じく、誰が発症してもおかしくない病気です。特に、「真面目過ぎる性格」の人などは、適応障害を発症しやすい傾向にあるといわれています。

記事を読む

最新記事

併発しやすい病気

微笑む男性

適応障害は、精神的・身体的・社会的な症状がでる病気です。さらにやっかいなのは、適応障害と別の精神疾患が併発してしまうことです。これらが併発した場合は、両方の治療法を行っていく必要があります。

記事を読む

治療方法

女性

適応障害は、よく似た病気やつかみ所のない部分が多い症状が多い病気です。しかし、周囲の協力と正しい治療法があれば、克服することができる病気です。適応障害の治療法について紹介します。

記事を読む