menu

併発しやすい病気

微笑む男性

日常生活にさまざまなストレスによって発症する適応障害は、誰でも発症得る病気です。不眠症になってしまったり、抑うつ症状があらわれて情緒不安定になったり、肩こりや頭重感といった体の症状に悩まされたりします。また、遅刻や欠勤を繰り返す、攻撃的になり周囲との軋轢を生むなど、社会生活での問題も起こすようになります。さらに、適応障害は別の精神疾患も併発してしまうことが多く、そうなってしまった場合は両方の病気の治療を行っていく必要があります。

適応障害と併発しやすい病気の1つに、「うつ病」があります。うつ病は、精神疾患のなかでも比較的有名な病気なので、病名を一度は聞いたこともあるのではないでしょうか。このうつ病とは、神経伝達物質である「セロトニン」と呼ばれる物質の分泌に異常が起こり、さまざまな症状が現れる病気のことです。よく見られる症状が、「好きなことや趣味も楽しめなくなるほどの無気力感」、「ずっと悲しい気持ち、憂うつな気持ちが続く」、「何もかも自分が悪いと感じていたたまれない」などの精神症状です。また、「眠れない」、「食欲がわかない」、「肩こりや頭重感がある」、「疲れやすい」といった身体的症状もあらわれます。症状などを見てわかるとおり、適応障害とうつ病には似通った症状もたくさんあります。

また、適応障害からうつ病へと発展する、移行するというパターンも珍しくありません。適応障害の症状が悪化し、さらに重度のうつ病へと移行して診断が複雑化する、というパターンもあります。最初に適応障害だと診断されたあと、ひどい抑うつ症状が2週間以上続くことで「うつ病」だと再診断されるケースがよく見られます。もしも適応障害と診断されていても、「虚無感・無気力感」、「ひどく憂うつな気持ち」が2週間以上続いているのであればうつ病を疑い、もう一度精神科での診察を受けましょう。

さらに、適応障害から摂食障害へと発展するケースも報告されています。適応障害による気分症状が摂食障害の引き金になると考えられており、食べ物を極端に受け付けなくなる拒食症や、逆に食べ過ぎてしまう過食症など、人によって違うパターンの摂食障害を起こします。その他にも睡眠障害などの症状を引き起こす原因にもなりえるので、適応障害はさまざまな精神疾患の前兆としても考えられています。疑わしいと思ったこと、心配に思うことがあれば、まずは専門に相談しましょう。一度診察を受けて終わりにするのではなく、念入りに診察を受け、きちんとした治療を受けることが大事です。